自家用車

自分でやってしまう事

今だからできること

車

昔は塗装に使うための塗料というのは。値段が高くて購入できないことのほうが多かったです。それに車種も、それほどなく今みたいに色も限られたものしかありませんでした。そのため、キズなど補修するときはそれに見合ったもので塗っていたと思います。また、塗装にかかる費用も値段が高くて修理しない人の方が多かったはずですし、塗装が剥げていてもそのままにしておくことがほとんどでした。今ではカー用品店などに行けば何でもそろっていますので購入して自分で塗装をすることができます。もちろん修理で直すことも可能です。車の維持費には費用もかかりますから昔は最低限のメンテナンスしかされていませんでしたが、今は技術も進歩して工夫がされています。

塗装の仕方は

小さなキズなどは自分たちで直す人の方が圧倒的に多いです。車が好きな人は審査購入時のように綺麗に塗装をするかもしれないです。そんな塗装の仕方ですが、色を付ける前に必ず洗車をして綺麗にしてから行います。そうしないと錆びる原因にもなりますし、すぐに色落ちする可能性があるからです。洗車し十分に乾いたら塗り始めます。塗料を塗っていると液体が地面に落ちたりしますから何か新聞紙などでも敷いて作業をすると汚れないと思います。丁寧にやりたい方は色を塗った後鑢をかけたりして目立たないようにしています。小さなキズぐらいなら自分でやってしまう人が多いです。色を選ぶ際もお店に行けば商品に車種が書いてあるので選びやすいです。